家族に知られたくない場合は

| 未分類 |

借金の返済に困った場合は債務整理をすることで解決できることがありますが、そのことを他の人に知られたくないという気持ちは誰にもあるものです。

 

 

他人に知られたくないことはもちろんですが、家族にも余計な心配をかけてしまいますので、できれば知られたくないと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

同居している場合、別居ししている場合など様々ですが、債務整理をしていることが知られてしまう原因には官報に掲載されてしまうこと、個人情報機関に登録されるなどがあげられますが、こうした情報は一般の方にはあまり知られないものです。

 

 

そのほかで知られてしまう理由としては、場合によっては不動産や自動車などを処分しなくてはいけませんので、その時点で知られてしまうこととなりますし、同居の場合は催促の電話や書類などでわかることもあります。

 

 

そして親や兄弟が保証人となっている場合にはその人に借金の請求がされる場合があるので隠すのは難しいと言えます。

 

 

できれば周りの理解を得て手続を行なうのが一番ですが、どうしても知られたくない、余計な心配をかけたくないと言う場合はまずは弁護士など専門家に相談して、良い解決方法を見つけていくのも良いでしょう。