保証人に迷惑がかかるのか

| 未分類 |

ご自身に対しては免責という形で免除されます。

 

しかし、借金自体は依然として残っているため、借金の請求はそのまま保証人に移行することになります。

 

ここでもしその方にも支払い能力がなければ、その方も同じように破産を申請し、破産手続きを行う必要性が生じてしまいます。

 

このように、ご自身が破産した場合は、全面的に迷惑をかけてしまいます。

 

そこで問題の借金自体をどうにかしなければなりません。そこで迷惑をかけない方法として任意整理と特定調停という手続きが用意されています。

これらの手続きにおいて迷惑がかかっている人を関係債務者とする事で調停が終結するまで請求を回避することができます(詳細は裁判所で確認してください)。

この手続きでは整理する借金が選択できるようになるため、問題の借金を除外します。これによりこの借金による請求はなくなり迷惑がかからなくなります。

 

では、この借金に対する責任は誰が移行するのかといいますと、これまで通りご自身が再度返済を継続させていくことになります。

 

なお任意整理を行う際は弁護士や司法書士に依頼するようにしてください。また特定調停を利用する場合は、破産したご自身に継続して一定の収入がなければなりません。