免責不許可事由とは

| 未分類 |

個人が破産する場合、裁判所に申請を行います。なぜかというと、破産というのは借金を帳消しにするということなので、誰も彼も自由に宣言出来てしまうとお金を貸す側が大変なことになってしまうからです。

 

一般的に、きちんと書類を揃えて申請すれば破産は認められますが、例外もあります。それは免責不許可事由がある場合です。どういうことかというと、最初から返済しないつもりで金融業者からお金を借りたり、あるいはギャンブルなどの浪費目的でお金を借りて返済出来なくなったという場合は、破産を認めないということです。破産を申請する場合、なぜお金を返せなくなったのかということを書いて提出する必要があり、そこにこれらの理由が書かれていると不許可になる場合があります。

 

最初からお金を返すつもりはない、あるいは返すあてがないのに借りてしまったというのは、詐欺に相当することであり、このケースで破産を認めてしまうとみんなが真似をする可能性がありますし、また、浪費目的の借金というのは、生活が苦しくて借りたといった理由と比べると身勝手であり、これもやはり破産を認めると、お金を借りてたくさん遊んで破産宣告をすればいいという人がたくさん出てきてしまう可能性があるからです。

af9920070813m