手続きの種類

| 未分類 |

af9920073350m債務整理の方法に任意整理があります。

 

比較的借金が少ない場合など、裁判所などの公的機関を通さずに私的に債務整理する方法です。

債務者の支払い能力に応じて債務を減額し、一括弁済や分割弁済で支払う方法ですが、貸し側の業者と交渉があるため弁護士などに依頼するほうが賢明です。

また、弁護士に依頼し、各債権者に受任通知書が届くと金融庁のガイドラインにより、債権者は厳しい取立てはできません。

弁護士に相談する場合、銀行や友人を含むすべての債務を話すことが大切です。そうしなければ1回で解決できません。

また、整理案を作成するとき、債務者自身の財産や収入は正直に報告することも大事です。

もし多く申告すると実際の返済が困難になり、債務整理は行き詰ります。

 

順序は、債務調査、債務確定、整理案、債権者との交渉、整理案に対する債権者の同意、弁済の開始で完結します。

債務調査では、借用書、領収書、振込金受取書などに基づき債務調査表を作成します。

 

もし債務者の手元に無ければ、債権者に債権調査票を送り回答をもとめます。

債務確定では、利息制限法で計算した債務額を出し残債務を確定し、もし家族などから援助があるなら一括弁済案、それが無理なら最長5年程度の分割弁済案を作成し、各債権者から同意を得られたときに返済を開始していきます。